HOME >> 道路技術シンポジウム 

道路舗装の長寿命化

 
     
 
 恒例の「道路技術シンポジウム」が開催されました。道路の老朽化と、その機能の維持に必要な財源の逼迫はわが国の社会システムに“荒廃”の危機をもたらそうとしています。この危機を打開するため維持管理を高度化するための技術や制度が模索されるとともに、最初から長持ちする社会資本づくりの必要性が指摘されています。これらを踏まえて、特別講演とパネルディスカッションにより「舗装の長寿命化技術」「長期保証・長期契約」について議論していただきました。
                             (技術委員会 政策等情報部会)

  【基調講演:道路設備の長期的マネジメント戦略】    
   
    小林 潔司  京都大学経営管理大学院 教授
       
  【パネルディスカッション:これからの維持管理のあり方と長寿命化技術】  
   
  座長  吉兼 秀典  社団法人日本道路協会舗装委員会委員長
  パネリスト  三浦 真紀  国土交通省道路局国道・防災課長 
    久保 和幸  独立行政法人土木研究所舗装グループ
上席研究員 
    高木千太郎  公益財団法人東京都道路整備保全公社道路
アセットマネジメント推進室長 
      一般財団法人首都高速道路技術センター
上席研究員 
    小梁川 雅  東京農業大学地域環境科学部生産環境工学科
教授 
    橋本 修治  一般社団法人日本道路建設業協会委員 
       

 
 
   道路舗装の長命化〜これからの維持管理のあり方と長寿命化技術〜
PDFファイル   1,750KB
 
     
     

 

    トップページ  BACK   TOP